Entries

迎へ火や余生定まらぬものなりき 久保田一豊

迎え火

去年は 迎え火を焚く余裕も無く
今年は ワタクシひとりで 焚きました。
ご近所では
若い家族が増え
こんな事をしているのは
ウチと お隣だけでしたね



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する