Entries

よ!三代目!

04-118.jpg

春団治さん も、 逝きはりました。
春団治といえば 「野崎参り」と「いかけや」
なで肩で 藤色の(ふつうは男のヒトには似合わない)着物と羽織が
なんともお似合いで・・・・・
噺のまくらを過ぎたあたりで
羽織を スッと 脱ぎはる 姿のよろしいこと

豪 の松鶴  智 の米朝  技 の文枝
で、和 の春団治 でした
舞踊も 見事でしたよ

寂しいなぁ



 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する